内科  胃腸科  消化器科
〒636-0904 奈良県生駒郡平群町三里384-1
TEL 0745-45-6003、FAX 0745-45-7010

生駒郡平群町の内科・胃腸科・消化器科|胃カメラ・大腸カメラ

内科・胃腸科・消化器科

トップページ医院紹介交通案内お問い合わせ
トップページ»  内科・胃腸科・消化器科

内科案内

  • 生活習慣病である高血圧・糖尿病・高脂血症などの、診断及び治療をはじめ、一般内科疾患や不眠症、その他悩みの相談などすべて対応させていただきます。
  • 小児の発熱・腹痛・下痢・感冒などの一般疾患も対応させていただきます。
  • 往診及び、在宅医療も可能な限り対応させていただきます。
  • 各種予防接種、随時予約受付いたします。
  • 基本検診・肝炎検診・大腸癌検診随時受付いたします。
また、CT・MRI等の精密検査は近隣の病院・医院を紹介させていただきます。さらに、専門医の診断が必要と判断した場合や入院が必要と判断した場合、近隣の病院・医院にスムーズに紹介・入院できるように平素より病診連携・診診連携も密に取らせていただいております。

胃腸科・消化器科案内

胃腸疾患

胃・十二指腸潰瘍はじめ、ヘリコバクター・ピロリ菌感染、逆流性食道炎、食道癌、胃癌、といった上部消化管疾患。便秘、過敏性腸炎、炎症性腸炎(潰瘍性大腸炎・クローン病・感染性腸炎etc.)、大腸癌などの下部消化管疾患に対し専門医として的確な診断・治療・アドバイスをいたします。

胆・膵疾患

胆石、胆のう炎、総胆管結石etc.といった胆道系疾患や、慢性膵炎、膵臓癌などの膵疾患に対し、専門医として的確な治療・アドバイスをいたします。

肝臓疾患

B型・C型慢性肝炎、肝硬変などの肝臓疾患で、お悩みの方は専門医として的確な治療・アドバイスをいたしますので、お気軽にご相談ください。

内視鏡科案内

上部消化器内視鏡検査により、食道・胃・十二指腸の診断を行います。当院では直径5.9mmの極細径の内視鏡で検査を行っており(最新型で高画質の内視鏡を設備しております)、経鼻挿入も可能です。また鎮静剤を用い、眠っている間に検査を受けることも可能で、患者様に前処置方法を選んでいただけます。下部内視鏡検査により、大腸の診断を行います。ポリープがあった場合、安全に切除できると判断できるものは、その場でポリープ日帰り手術の治療も行っています。

当院では、内視鏡による感染症対策は厳重に行っております。日本消化器内視鏡学会のガイドラインに基づき、自動洗浄機による一人一洗浄を徹底しております。
自動洗浄器写真内視鏡写真

悩み相談Q&A

Q1
胃カメラは受けたことがないのですが大丈夫ですか?
A1
心配要りません。十分説明させていただき、納得して検査を受けていただきます。また当院は、直径5.9mmの極細径の内視鏡を使用していますから患者様の苦痛もほとんどありません。さらに、不安の強い方は軽い鎮静剤を使用して寝ている間に検査を済ますこともできます。
Q2
経鼻内視鏡は画像が悪いと聞いたのですが本当ですか?
A2
そんなことはありません、鼻からの内視鏡が始まった頃は、やや劣っていましたが最近の技術はたいしたもので、経口の太い内視鏡と引けをとらないくらい美しい画像で観察できます。当院でも最新の高画質の経鼻内視鏡を設備しております。(当院では開院以来、内視鏡の入れ替え・内視鏡光源の入れ替えなどを、これまでに5回行っております。常に最新の最高の条件で検査ができるように心がけております)  (また胃の細胞を調べる病理検査も可能です)
Q3
大腸カメラは痛いし大変だと聞いていますがどうですか?
A3
そんなことはありません。たしかに便秘の強い方は腸が長く、腸の曲がりが強いため内視鏡の挿入が難しいことがあります。さらに、お腹の手術を受けておられる方で癒着の強い方は、痛みを伴うことがありますが、それ以外の方はほとんど問題ございません。また大腸カメラは術者の技量にも大きく左右されます。
Q4
大腸検査後おなかがはって、しんどいと聞きましたが本当ですか?
A4
当院では、当初より、無駄な送気がないように、十分注意しております。また平成22年5月から、内視鏡用炭酸ガス送気装置を導入しました。これまでは、空気を腸管内に送っていましたが、この装置により、炭酸ガス(CO2)を送気できるよにないました。炭酸ガスは、体にほとんど害はなく、体内に吸収されやすいため、検査後の膨満感からくる苦痛を、ほとんど感じなくなりました。
ACCESS
近鉄平群駅から徒歩約3分 近鉄平群駅から徒歩約3分 駐車場15台

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

ページトップへ