内科  胃腸科  消化器科
〒636-0904 奈良県生駒郡平群町三里384-1
TEL 0745-45-6003、FAX 0745-45-7010

生駒郡平群町の内科・胃腸科・消化器科|胃カメラ・大腸カメラ

胃内視鏡

トップページ医院紹介交通案内お問い合わせ
トップページ»  胃内視鏡
あなたの胃は大丈夫ですか?定期的に胃カメラを受けていますか?-胃がんは、まだまだ多い疾患です。-癌の治療は、早期発見・早期治療が原則です。定期的に検査を受けられることをお勧めします。しかし、胃カメラはしんどくあってはいけません。しんどい検査は、誰しも受けたくありません。我慢して、しんどい検査を受けていませんか?当院は、楽です。お約束します。

当院では、胃カメラ症例数2.5万例を超す経験豊富な内視鏡専門医・指導医である院長と、熱意があり、気配りのできる看護師により、正確で安全な、さらに苦痛のない内視鏡検査が可能です。

極細内視鏡とは

直径5.9mm径の超細型内視鏡であり、通常の内視鏡は約10mm径です。極細径内視鏡を使用することで、より快適な内視鏡検査が可能です。これまでの苦痛がうその様です。さらに、この細さだから、より苦痛の少ない、最近話題の経鼻挿入も可能です。

内視鏡比較写真経鼻的挿入イメージ
胃カメラの楽な順番

経鼻挿入とは

経鼻内視鏡

もともと外科医の先生の発想から生まれた新たな手技です。手術の前後や、腸閉塞の治療などでは鼻からやや太めのチューブを入れることから発案されました。
胃カメラがしんどいのは、太いスコープが舌根部を圧迫することにより起こる、嘔吐反射のせいです。鼻から入ったスコープは、中鼻道あるいは下鼻道を通過し、下咽頭部に垂直に下りてくるため、スコープが舌根を圧迫することなく(図1参照)、「オエーッ!、ゲーッ!」などの嘔吐反射の苦しさはほとんどありません。鼻の局所麻酔だけで、先生と話しながら、ご自分も胃の中を観察できます。また検査後の車の運転も全く問題ありません。

鼻から内視鏡を挿入する順序は、まず鼻から約2ccのキシロカインビスカスという局所麻酔薬を注入します。その後、5.9mm径の軟らかいチューブを挿入して鼻の麻酔を完全に行います。鼻の麻酔を丁寧に行うことで、鼻から内視鏡を挿入される違和感・痛みなどはほとんどありません。また鼻出血もほとんどありません。安心して受けられます。

当院での胃カメラの検査状況

開院13年間で胃カメラ件数   約14.500例施行。
最近1年間の件数       約1.450例施行。
約95%以上の方が鼻からの内視鏡を選択されています。

ACCESS
近鉄平群駅から徒歩約3分 近鉄平群駅から徒歩約3分 駐車場15台

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

ページトップへ