内科  胃腸科  消化器科
〒636-0904 奈良県生駒郡平群町三里384-1
TEL 0745-45-6003、FAX 0745-45-7010

生駒郡平群町の内科・胃腸科・消化器科|胃カメラ・大腸カメラ

大腸内視鏡

トップページ医院紹介交通案内お問い合わせ
トップページ»  大腸内視鏡
日本人の大腸癌は年々増加しています。あなたは大丈夫ですか?大腸癌も、早期発見・早期治療は言うまでもありません。40歳を超えられた方や、便に異常のある方、身内に癌の方がおられる人は、一度内視鏡検査を受けましょう。

大腸内視鏡検査は、しんどい・痛い・大変というイメージがあるでしょうが、そうではありません。症例数をこなした、内視鏡専門医が行うことで大きく変わってきます。従って大きな病院で大腸検査を行うことが、安全で・苦痛が少ないとは一概に言えません。当院では、大腸内視鏡検査10,000例以上をこなしてきている、経験豊富な内視鏡専門医・指導医の院長が、安全で苦痛の少ない検査をお約束いたします。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

検査を安全かつスムーズに行うには、前処置が大切です。検査前日はうどん・おかゆなどの消化の良い食事をとり、夜から下剤を飲んでいただきます。
当日は、朝から約1.8リットルの洗腸液を2時間程度で飲んでいただき、お昼から検査を始めます。検査時間は、個人差はありますが15分~20分程で終了します。検査中は点滴で血管確保し、心拍数・酸素濃度などを経時的に観察し、安全に行っております。

 

内視鏡用炭酸ガス送気装置の導入

平成22年5月より内視鏡用炭酸ガス送気装置(GW-1)を導入しました。これは内視鏡を使って、消化器管腔内に炭酸ガス(CO2)を送気できる装置です。これまでは、空気を送っていたのですが、送気された炭酸ガスは、空気と比べて生体吸収性に優れていることから、拡張した腸管を速やかに収縮させ、患者さんの膨満感からくる苦痛を緩和してくれます。従って、検査後、お腹がはって痛い、しんどい、などの症状はほとんど認められません。

当院での大腸カメラの検査状況

開院13年間で大腸カメラ件数     約5.400例施行
最近1年間の件数          約600例施行

大腸ポリープ日帰り切除

当院では、10mm径までの大腸ポリープで、安全に切除できると判断したポリープはその場で切除可能です。また、10mm以上のポリープや、切除後入院が必要と考えられるものは改めて、適切な病院をご紹介いたします。

写真:ポリープ切除1→写真:ポリープ切除2→写真:ポリープ切除3→写真:ポリープ切除4
ACCESS
近鉄平群駅から徒歩約3分 近鉄平群駅から徒歩約3分 駐車場15台

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

ページトップへ